こんな化粧下地の塗り方はNG!



化粧下地は、ファンデーションの前に塗ることで、

ファンデーションやポイントメイクののりをよくし、

皮脂崩れなどを防いできれいなメークを

キープしてくれます。

 

化粧下地の塗り方

 

化粧下地は、

塗り方ひとつで効果が違ってきます。

正しく使わないと逆効果になってしまいます。






 

化粧下地の正しい使い方STEP

 

まず、洗顔後、化粧水や乳液などの

基礎化粧品でお肌を整え、

基礎化粧がお肌に馴染んで

落ち着いてから、塗ります。


 

まだ塗ったクリームなどが

浸透しきっていないうちに化粧下地を塗ると、

油分などが混ざってしまい、

下地としての充分な効果を

発揮することができなくなります。


 

時間がないからと次々塗っていくのではなく、

少し余裕を持って待ちましょう。

 





化粧下地の塗り方のコツ



塗り方のコツとしては、

大体パール粒大くらいを手に取り、

おでこ、鼻、頬、顎に点々とつけ、

それから顔全体にむらなくのばしていきます。

 


特に崩れやすいほうれい線や口元は、

指の腹でぽんぽん

優しくたたいて馴染ませます。

 

ここで、多く塗りすぎると、

顔表面の油分が多くなり、

メークが崩れる原因となってしまいます。

 


また、肌もべたついて、ファンデーションの

のりも悪くなります。

 
美肌女子




そして、塗り終わったら、

乾ききらないうちにファンデーションを

塗るのは避けましょう。

 


下地と混ざってしまい、

きれいにメークできなくなります。

 


余裕があれば、1度ティッシュで

抑えて余分な油分を取り除いてから

ファンデーションを塗るとよいでしょう。






 

Leave a Reply